作家  作品
榎本千冬

「竹細工には、多くの道具は要らない。ある程度の技を身につければ、簡単な道具で仕事が出きる。「包丁一本で」で職人に成れる。そのシンプルさは、私にとって非常に魅力的で、竹職人を選んだ理由の一つだった。

数学的な計算で仕事を進めるのは苦手だ。籠を作ると、竹の復元力、弾力性を最大限に生かしたい。いくら頭で計算しても、編みながら指先の感覚でしか分からないところがたくさんある。自分が竹の力に負けて、作るものが、考えていたかたちから離れていくこともある。

最近は漆と竹をどういうふうに組み合わせられるか、興味がある。」
作家のことば     
仕事   
経歴     
© E.WEINMAYR | 更新日 2018.12.14 | お問い合わせ | サイト情報 | EMAIL 英語 | 日本語